« シャトルの打上げ26日以降に再設定 | トップページ | 首都圏地下のプレート境界、予想より浅いとの解析結果 »

2005年7月20日 (水)

日本で発見されたBSE牛20頭、米国の検査なら最低9頭が検査対象外

 これが、米国牛の安全性。アメリカ人はこういう肉を食べていて心配にならないのかな?
 残りの11頭についてとデータ不足で推定できなかったそうで検査対象となるのか更に分析を行うとのこと。
●関連記事
BSE牛:日本で発見の20頭中の9頭、米なら検査対象外(2005年7月15日 7時57分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題)
米、カナダ産牛の輸入再開へ 連邦高裁が逆転決定(2005年07月15日12時10分)(asahi.com国際)
米連邦高裁、カナダ産の生きた牛輸入再開認める(12:08)(NIKKEI NET:主要)
カナダ牛の輸入、米が再開(2005年07月19日10時16分)(asahi.com国際)
●関連URL
農林水産庁
牛海綿状脳症(BSE)関係
食品安全委員会:トップページ
プリオン専門調査会

|

« シャトルの打上げ26日以降に再設定 | トップページ | 首都圏地下のプレート境界、予想より浅いとの解析結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5061054

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で発見されたBSE牛20頭、米国の検査なら最低9頭が検査対象外:

« シャトルの打上げ26日以降に再設定 | トップページ | 首都圏地下のプレート境界、予想より浅いとの解析結果 »