« 無風でも揚がる凧 | トップページ | asahi.com、NHK番組改変問題を報告 »

2005年7月25日 (月)

スペースシャトル ディスカバリー、2005/07/26 23:39(+0900JST)打上へ不安なカウントダウン中

 正直、こんな綱渡りのカウントダウンで良いのでしょうか?スケジュール優先で安全基準の緩和なんてしたら、事故の再発が起きかねません。
# そもそも、スケジュールを理由に安全基準の緩和を行うべきじゃない。

 しかし、NASAは、下手をしたら幾つかのトラブルが出たとしても(目を背けてしまって)打上を強行してしまうかもしれないのが恐ろしいです。
●関連記事
シャトル打ち上げへカウントダウン開始 NASA(2005年07月24日)(asahi.comサイエンス)
シャトル打ち上げ、センサー異常でも 内規の緩和検討へ(2005年07月24日)(asahi.comサイエンス)
スペースシャトル:「ディスカバリー」、あす打ち上げ 「安全」より「日程」(2005年7月25日)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
ディスカバリー:センサー1個異常でも打ち上げ方針決定(2005年7月25日 11時53分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
シャトル、異常再発でも打ち上げへ NASA「例外的措置」(07/25 12:19)(Sankei Web 社会)
シャトルあす宇宙へ、センサー異常未解明のまま(2005年7月25日16時2分)(科学 : YOMIURI ONLINE)

|

« 無風でも揚がる凧 | トップページ | asahi.com、NHK番組改変問題を報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5149066

この記事へのトラックバック一覧です: スペースシャトル ディスカバリー、2005/07/26 23:39(+0900JST)打上へ不安なカウントダウン中:

« 無風でも揚がる凧 | トップページ | asahi.com、NHK番組改変問題を報告 »