« ミニ観測衛星シリーズ2010年より打上へ | トップページ | 日本で発見されたBSE牛20頭、米国の検査なら最低9頭が検査対象外 »

2005年7月20日 (水)

シャトルの打上げ26日以降に再設定

 今回の打上げ可能期間が、7月31日までなので、ほぼラストチャンスとなります。大きなトラブルが出れば、9月9日以降の次期打上げ期間まで延期となります。
 とはいえ、無理をして失敗と、いうことはさせて欲しいですね。
●関連記事
「成功を確信」シャトル船長が談話 原因は特定できず(2005年07月17日)(asahi.comサイエンス)
ディスカバリー:コリンズ船長「飛行の安全と成功を確信」(2005年7月17日 19時32分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
シャトル打ち上げ26日以降 原因調査いぜん難航(07/19 09:27)(Sankei Web 国際)
シャトル打ち上げ26日以降に…異常究明に手間取る(2005年7月19日11時12分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
野口宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」(STS-114/国際宇宙ステーション組立再開ミッション(LF-1))の打上げ予定日変更について(平成17年7月19日)(宇宙航空研究開発機構 | JAXA)
STS-114 国際宇宙ステーション組み立て再開 - JAXA

|

« ミニ観測衛星シリーズ2010年より打上へ | トップページ | 日本で発見されたBSE牛20頭、米国の検査なら最低9頭が検査対象外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5061044

この記事へのトラックバック一覧です: シャトルの打上げ26日以降に再設定:

« ミニ観測衛星シリーズ2010年より打上へ | トップページ | 日本で発見されたBSE牛20頭、米国の検査なら最低9頭が検査対象外 »