« 首都圏地下のプレート境界、予想より浅いとの解析結果 | トップページ | 健康診断の胸部X線撮影廃止の是非、業界の都合で反発 »

2005年7月20日 (水)

本当はレギュラー100円さらに暫定税金で・・

 ガソリン価格が高止まりして、車を使っている人たちは、憂鬱な気分になっているのですが、そのガソリン価格に含まれている税金を見てみるとずいぶんと怪しいものがあるそうで・・
 例として出されている、「戦後復興を目指し、道路を緊急に整備する」で暫定で本来の税率に上乗せされて定められている揮発油税は30年以上たった今でも上乗せされているそうで、本来は24.3円/lが48.6円/lと、これだけで24.3円/l余計に取られ続けているとのこと。 戦後復旧って・・

 で、暫定的に適用されている税を、今度は、一般財源として通常の税としたり、して名目(環境税の代わりとか)を変えて課税を続けようという動きが国であるそうです。

 ぼったくられ続けているのは、サラリーマンだけじゃなかったんですね。
●関連記事
本当はレギュラー100円なのに…暫定税率のずるがしこさ(2005年7月14日)(Response.)
●関連URL
JAMA - 社団法人日本自動車工業会

|

« 首都圏地下のプレート境界、予想より浅いとの解析結果 | トップページ | 健康診断の胸部X線撮影廃止の是非、業界の都合で反発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/5061079

この記事へのトラックバック一覧です: 本当はレギュラー100円さらに暫定税金で・・:

« 首都圏地下のプレート境界、予想より浅いとの解析結果 | トップページ | 健康診断の胸部X線撮影廃止の是非、業界の都合で反発 »