« 原発関係の記事 | トップページ | 温州ミカンで肝臓元気 »

2005年6月11日 (土)

衛星利用の自動車税課金システム

 おお!自動車を走行距離・時間・場所に応じて課金するというのは言われてみれば理にかなっていますね。
 GPSを利用することで、実現できるように英国で開発が行われているそうです。2005年には試験開始、2010年には正式運用をしたいとの事。

 毎日のように利用する人と週末程度しか乗らない人と同じ金額の税金を払う不公平感が減ります。
英国では、この新税を導入を気に道路税・燃料税を廃止するそうで、利用に応じた税金を払うことになるのかな?

 考え方には賛同できますが。。。
 ただし、この税金課金、車の動きを常に把握するので、個人監視の危険性も出てきます。盗難車の発見などのメリットもありますが、、、常に自分移動状況を監視されているというのは気分の良いものではないです。
日本でも、ETS等のシステムを利用して車の移動状況の管理とか・・進むかもしれませんね。
# Nシステムとか有りますし。
●関連記事
人工衛星で国内全車を追跡、英が新課税システム導入へ(2005年6月10日21時22分)(YOMIURI ON-LINE国際)
「走った分だけ支払う道路税」支持は47%(2005年6月13日)(Response.)
「走った分だけ支払う道路税」を検討へ(2005年6月10日)(Response.)

|

« 原発関係の記事 | トップページ | 温州ミカンで肝臓元気 »

コメント

はじめまして。
なんだかさすがイギリス、と言った感じですね。
でも、なかなかいい案だと思います。
道路税、燃料税はなくなるのでしょうか…

投稿: 車好きぴゃーっ | 2005年6月22日 (水) 13時46分

 車好きぴゃーっ さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

 道路税、燃料税は、無くなる予定とのことですね。
元々が複雑化してしまった車関係の税制を見直すことと、目的外で利用されていた税を、車道路関係のみ利用することでドライバーの不公平感を減らすのが目的のようですから。

 方法は素晴らしいと思いますが、目的外の利用がされたときの危険性がついて回るのは、便利なことに対する代価なんでしょうか?

投稿: 神子秋沙 | 2005年6月24日 (金) 05時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4506236

この記事へのトラックバック一覧です: 衛星利用の自動車税課金システム:

« 原発関係の記事 | トップページ | 温州ミカンで肝臓元気 »