« フグ肝特区、現段階では駄目 | トップページ | インターネットの実名運用、韓国で検討、日本でも? »

2005年6月29日 (水)

米最高裁判決ファイル交換ソフトに著作権侵害の責任

 うーん、どういう方向に進むのかな?
P2Pはあくまでファイルを受け渡す手段に過ぎないので、P2P自体が違反となるのは賛成できないですね。。
●関連記事
ファイル交換ソフトに著作権侵害の責任・米最高裁判決(02:11)(NIKKEI NET:国際)
ファイル交換ソフト「違法性問える」 米最高裁判決(2005年06月28日01時34分)(asahi.com国際)
○ITmedia
米最高裁、P2P企業の法的責任認める逆転判決(2005/06/28 07:08)(ITmediaニュース)
P2P側2社、「著作権侵害の助長行為」解釈を批判(2005/06/28 07:24)(ITmediaニュース)
「P2P有罪判決」は合法P2Pのチャンス――ソニーBMG CEO(2005/06/28 16:22)(ITmediaニュース)
PtoP訴訟、ファイル交換ネットワーク側が敗訴--米最高裁で判決(2005/06/28 09:33)(CNET Japan)
「技術革新への自由に向けて戦う」米P2P企業が米最高裁判決を受けて声明(2005/06/28 22:06)(Impress INTERNET Watch)

|

« フグ肝特区、現段階では駄目 | トップページ | インターネットの実名運用、韓国で検討、日本でも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4755495

この記事へのトラックバック一覧です: 米最高裁判決ファイル交換ソフトに著作権侵害の責任:

« フグ肝特区、現段階では駄目 | トップページ | インターネットの実名運用、韓国で検討、日本でも? »