« 国際緊急援助、自衛隊と米軍の相互支援へ協定の改定 | トップページ | 「求めよさらば与えられん」イタリア・フィレンツェ宮殿会議室に謎の空洞と文章 »

2005年6月22日 (水)

アニメ各社が実写コンテンツ制作に進出

 アニメだけでは収益が上がらない為、アニメで培った技術を実写へ応用していったり、CG技術を生かした映像コンテンツの制作に進出しているそうです。

 ところで、漫画制作の業界は今でも家内制手工業の延長を続けるのでしょうか?日本以外の殆どの国ではプロダクションを設立して産業として認知されてるとのことですが・・。
# それとも、日本国内で特定の作家に依存しない漫画プロダクションとして成立している会社って既にあるのかな?
●関連記事
アニメ各社、相次ぎ実写コンテンツ制作(2006/06/21)(NIKKEI NET:ベンチャー)
アニメ・ロボット博開催を 経団連が観光振興で提言(06/21 16:34)(Sankei Web 経済)
●関連URL
東映アニメーション
GDH
創通エージェンシー

|

« 国際緊急援助、自衛隊と米軍の相互支援へ協定の改定 | トップページ | 「求めよさらば与えられん」イタリア・フィレンツェ宮殿会議室に謎の空洞と文章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4657302

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ各社が実写コンテンツ制作に進出:

« 国際緊急援助、自衛隊と米軍の相互支援へ協定の改定 | トップページ | 「求めよさらば与えられん」イタリア・フィレンツェ宮殿会議室に謎の空洞と文章 »