« 持続的利用世界議員連盟(SUPU)が商業捕鯨再開の声明 | トップページ | 米国のクレジットカード情報管理会社から大量情報流出、日本のユーザ情報も被害 »

2005年6月19日 (日)

米国の原爆政策の過去

 GHQにより握りつぶされた長崎原爆の惨状を伝える記事。そして、ビキニ環礁の水爆実験で被爆した第五福竜丸の調査を圧力を掛けて中止・・

 戦争も国のエゴも酷いものです。米国の場合は情報が出てきました、ロシアを含む核兵器保有国ではどうなのでしょうか?情報は・・・闇の中でしょう。。
●関連記事
長崎原爆:米記者のルポ原稿、60年ぶり発見 検閲で没収(2005年6月17日 3時00分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
長崎原爆ルポ:波紋広がる 「60年の空白」に怒り(2005年6月17日 14時00分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
第五福竜丸事件、米の意向で放射能調査中止…文書発見(2005年6月18日14時37分)(YOMIURI ON-LINE 社会)
●関連URL
American's censored Nagasaki A-bomb report unearthed after 60 years(ウェラー記者の原稿原文)(Mainichi Daily News)
隠されたヒバクシャ(凱風社)

|

« 持続的利用世界議員連盟(SUPU)が商業捕鯨再開の声明 | トップページ | 米国のクレジットカード情報管理会社から大量情報流出、日本のユーザ情報も被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4625587

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の原爆政策の過去:

« 持続的利用世界議員連盟(SUPU)が商業捕鯨再開の声明 | トップページ | 米国のクレジットカード情報管理会社から大量情報流出、日本のユーザ情報も被害 »