« 国連大学が深海底生物資源利用に国際的ルール確立を訴える報告書 | トップページ | WWFジャパンがレッサーパンダブームに釘 »

2005年6月10日 (金)

低価格な災害時情報収集ロボット、消防研究所が開発

 「フライゴー」と言う名称だそうで。低価格なのが特徴だそうです。
災害現場で、先行して移動し、ガスや科学物質、放射能の確認を素早く行い現場の安全確認が主な目的とのこと。
●関連記事
ガスや放射能漏れ、小型ロボットで情報収集…消防研(2005年6月9日3時3分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
独立行政法人・消防研究所
消防機械研究グループ
原子力施設で連携して働く救助活動支援ロボット

|

« 国連大学が深海底生物資源利用に国際的ルール確立を訴える報告書 | トップページ | WWFジャパンがレッサーパンダブームに釘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4491722

この記事へのトラックバック一覧です: 低価格な災害時情報収集ロボット、消防研究所が開発:

« 国連大学が深海底生物資源利用に国際的ルール確立を訴える報告書 | トップページ | WWFジャパンがレッサーパンダブームに釘 »