« タバコを吸うとDNAの老化を促進 | トップページ | 日本、IWCで調査捕鯨の捕獲対象を拡大の提示 »

2005年6月21日 (火)

中国からの大気汚染1990年以降悪化の傾向

 日本では、大気汚染自体改善傾向にあるのにもかかわらず、二酸化窒素(NO2)の濃度が増加傾向で、原因としては、中国からの越境汚染が指摘されています。
しかし、中国は大気汚染濃度を未公開で、相も変わらず自分たちに不利になる情報は一切出しませんね。
●関連記事
中国汚染:90年代以降の悪化を実証 海洋研究開発機構(2005年6月18日 11時52分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 環境)
●関連URL
海洋研究開発機構(JAMSTEC)
中国におけるNO2濃度の増加を衛星データで実証(05.06.17)
地球環境フロンティア研究センター研究センター

|

« タバコを吸うとDNAの老化を促進 | トップページ | 日本、IWCで調査捕鯨の捕獲対象を拡大の提示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4644461

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からの大気汚染1990年以降悪化の傾向:

« タバコを吸うとDNAの老化を促進 | トップページ | 日本、IWCで調査捕鯨の捕獲対象を拡大の提示 »