« 高速電力線通信の標準化団体CEPCAが発足 | トップページ | ICチップ付きパスポート、2006年3月導入へ »

2005年6月 5日 (日)

平成16年度「ものづくり」白書

 経済産業省、文部科学省、厚生労働省の3省からまとめられました。
 団塊世代が定年退職に伴い技術の継承が特に危惧されています。体力に余裕のあるメーカは退職後を一度職種をリセットして継続して勤務する形体を取るところが出てきています。
また、定年退職者の再就職支援するメーカも出ていますね。

 しかし、そういう所に残れるのは価値があると認められる技術を持つ人だけ。。難しいですね。
●関連記事
若手技術者育成、メーカーに促す 「ものづくり」白書(2005年06月03日12時19分)(asahi.comビジネス)
「ものづくり先生」東大が養成講座 団塊世代に今年から(2005年06月05日03時07分)(asahi.com暮らし)
●関連URL
METI/経済産業省
文部科学省ホームページ
厚生労働省ホームページ
平成16年度ものづくり白書(ものづくり基盤技術の振興施策)について(平成17年6月3日)(報道発表資料)

|

« 高速電力線通信の標準化団体CEPCAが発足 | トップページ | ICチップ付きパスポート、2006年3月導入へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4425054

この記事へのトラックバック一覧です: 平成16年度「ものづくり」白書:

« 高速電力線通信の標準化団体CEPCAが発足 | トップページ | ICチップ付きパスポート、2006年3月導入へ »