« デジタルデバイドの持つ2つの意味 | トップページ | スペースワールド、経営譲渡に向けて民事再生法申請 »

2005年5月13日 (金)

低スペックマシン向け、Windows XP Eigerが準備中

 発売時期や詳細な仕様が出てきていません、が、サポートの切れた旧OSの置き換えには向いていないようです。

 一般のアプリケーションのほとんどは動作保証がない保証になるようで、用途としてはリモート端末として(別のマシンにログインして利用)の用途が想定されていて、単独で使用することは考えられていないようです。
 とはいえ、古いサポートの切れたPCで恐る恐る利用するよりは数倍マシです。また、IEやMedia Player、ウイルス対策ソフトはローカルで動くようなので、利用する範囲を限定するのならそれなりに使えるかもしれません。
# あと、IME(ATOK)と他のブラウザ(Firefox)とエディタとメーラが動けば・・・
●関連記事
マイクロソフト、古いPCに命を吹き込む新Windowsを開発中(2005/05/13 12:26)(CNET Japan)
MS、低スペックマシンでも利用可能なWindows XP“Eiger”を準備中(2005/05/13 11:27)(ITmediaニュース)

|

« デジタルデバイドの持つ2つの意味 | トップページ | スペースワールド、経営譲渡に向けて民事再生法申請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4113762

この記事へのトラックバック一覧です: 低スペックマシン向け、Windows XP Eigerが準備中:

« デジタルデバイドの持つ2つの意味 | トップページ | スペースワールド、経営譲渡に向けて民事再生法申請 »