« 大規模Web改ざん事件についての続報 | トップページ | お茶の産地名は生産地か仕上地か? »

2005年5月19日 (木)

サマータイム、また法案提出の動き3度目挑戦へ 法案提出機会うかがう

 何度も書きますが、私はサマータイム導入に反対です。
 日本においては、時間は常に同じ時を刻む変動しない基準として成り立っていると思います。季節毎に時間がずれるというのは、無用な混乱を招くだけでしょう。外国の(高緯度の地域の)風習を(何でも)まねしないと気が済まないのかな?

 単に業界に対して、業務時間を早めたり、フレックスの適用範囲の拡大とか、求めればいいのではないかと。
 出来るところは早くするし、そうでないところは従来のまま。夏時間で営業終了時間を延長しているスーパーなどもは既にあるし、朝の人口が増えれば、夏時間で営業開始時間を早める所だって出てくるでしょう。

 時間を変更するより、「夏は日照時間が長いのですから、皆さん有効に活用しましょう」、で良いと思うのですけどね。
朝を有効に利用しようが、夜を有効に利用しようが、それぞれだと思います。
●関連記事
サマータイム、3度目挑戦へ 法案提出機会うかがう(2005年05月19日09時54分)(asahi.com暮らし)

|

« 大規模Web改ざん事件についての続報 | トップページ | お茶の産地名は生産地か仕上地か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4198589

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイム、また法案提出の動き3度目挑戦へ 法案提出機会うかがう:

« 大規模Web改ざん事件についての続報 | トップページ | お茶の産地名は生産地か仕上地か? »