« サマータイム、また法案提出の動き3度目挑戦へ 法案提出機会うかがう | トップページ | 性犯罪者の出所情報データベースと活用方法が決まる »

2005年5月19日 (木)

お茶の産地名は生産地か仕上地か?

 むっ?単に、原材料の生産地と加工地の併記の徹底では不味いのかな?商品名が紛らわしいのは・・多少は仕方がないと思いますけど。
 「宇治茶」が、京都、三重、奈良、滋賀の生産で、京都府内で仕上げたものを「宇治茶」と呼ぶのも、単に商品名で裏の表記に、「加工地:京都、原材料:緑茶(京都、三重、奈良、滋賀)ブレンド」で済む話じゃないのかな?

 キノコの、「しめじ」が、結局いま「本しめじ」の商品名で「原材料:ひらたけ」となっている、という感じが決着の付け所ではないかと。

 ともかく、誤解の招く商品名は止めて欲しいですが、裏の材料表示を見て事実が書かれていないというのが一番困ります。
●関連記事
当世お茶事情:生産地?仕上げ地? 表示方法の統一巡り、揺れる業界(2005年5月19日)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 食)
●関連URL
ようこそ 社団法人 日本茶業中央会へ!

|

« サマータイム、また法案提出の動き3度目挑戦へ 法案提出機会うかがう | トップページ | 性犯罪者の出所情報データベースと活用方法が決まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4198675

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の産地名は生産地か仕上地か?:

« サマータイム、また法案提出の動き3度目挑戦へ 法案提出機会うかがう | トップページ | 性犯罪者の出所情報データベースと活用方法が決まる »