« 大規模なWeb改ざん被害が発生 | トップページ | オオクチバスの被害、防除のモデル地域を作成 »

2005年5月19日 (木)

補助犬の同伴入店が原則義務化されたにも関わらず、拒絶する店舗が存在

 盲導犬、聴導犬、介助犬の使用者の8割にも上る人が、拒絶された経験があるとのこと。しかも義務化されていることを説明してもなお拒絶した店があるとか。
 「身体障害者補助犬法」完全施行されたのは2003年以降、補助犬に対しての認識はあんまり浸透していないのかもしれません。。

 あとは、拒絶にも正当な理由があることもあるので、一概に拒否=悪い、とは決めつけられないですけど。。
●関連記事
補助犬拒絶、8割が経験 利用者団体調査(05/18 08:38)(Sankei Web 社会)
●関連URL
身体障害者補助犬法改正対策使用者団体連絡協議会(補改使連:ほかいしれん)

|

« 大規模なWeb改ざん被害が発生 | トップページ | オオクチバスの被害、防除のモデル地域を作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4190113

この記事へのトラックバック一覧です: 補助犬の同伴入店が原則義務化されたにも関わらず、拒絶する店舗が存在:

» 神奈川想像の轍を現実は通る [恵比寿法律新聞]
「職場にも補助犬同伴認めて」法改正求め連絡協議会(日経新聞) 身体障害者補助犬法 [続きを読む]

受信: 2005年8月19日 (金) 23時14分

« 大規模なWeb改ざん被害が発生 | トップページ | オオクチバスの被害、防除のモデル地域を作成 »