« 日本、IWC年次会合に南極海で調査捕鯨再開計画を提出予定 | トップページ | 北海道 知床が世界自然遺産登録、ほぼ確実に »

2005年5月31日 (火)

黄色いゴミ袋でカラス対策

 色んな番組で取り上げられた、カラスから見ると強調されて見える黄色のゴミ袋を使用して、中身の目くらましをしようというものですね。
試験的に使用している地域はあると聞いていましたが、正式導入で製品コストが下がれば採用するところがどんどん増えそうですね。
●関連記事
カラス対策、目くらましで黄色いごみ袋 大分・臼杵市(05/30 16:52)(Sankei Web 社会)
●関連URL
すきすきふるさと臼杵市(大分県臼杵市)
杉田昭栄ホームページ(宇都宮大学農学部生物生産科学科
カラス研究所
大倉工業株式会社のホームページへようこそ

|

« 日本、IWC年次会合に南極海で調査捕鯨再開計画を提出予定 | トップページ | 北海道 知床が世界自然遺産登録、ほぼ確実に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4349628

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色いゴミ袋でカラス対策:

» カラス対策の黄色いごみ袋 [讀読新聞blog版]
カラス対策の黄色いごみ袋 生ごみを荒らすカラス対策として、大分県臼杵市が黄色いごみ袋導入した(共同) 「カラスです。ゴミステーションの黄色いゴミ袋が、 黄色い服のしゃがんだ女性に見えるトです」 [続きを読む]

受信: 2005年5月31日 (火) 13時54分

« 日本、IWC年次会合に南極海で調査捕鯨再開計画を提出予定 | トップページ | 北海道 知床が世界自然遺産登録、ほぼ確実に »