« 次世代DVDの規格統一交渉、今週にも進展進展するかも? | トップページ | 環境に優しいガソリン »

2005年5月10日 (火)

青色LEDのイカ釣り船のいさり火が実用化へ

 青の光は、粋知勇での減衰が少なく、LEDは消費電力や発熱で有利とのことですが、海岸から漁り火が見えにくくなってしまうとのことで観光資源としては課題が残るそうです。
●関連記事
イカ釣り船のいさり火、青色LEDに 水産庁が実用化へ(2005年05月08日17時02分)(asahi.comビジネス)
●関連URL
水産庁のホームページ

|

« 次世代DVDの規格統一交渉、今週にも進展進展するかも? | トップページ | 環境に優しいガソリン »

コメント

宇宙からみた夜の地球画像でも有名な「漁り火で輝く日本海」も無くなりそうですね。

投稿: ごんざぶろう | 2005年5月10日 (火) 09時58分

 ごんざぶろう さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
反応が遅れてすいません。

 そうですね、ただ、宇宙へ漏れる多すぎる光は「光害」でもあるので、ちょっと悩ましいです。
新しいヒマワリの可視光画像を見たときも、首都圏が真っ白でしたし、、

 青のLEDで見えにくくなるとはいえ、新しい雰囲気になるかもしれません。(^_^)

投稿: 神子秋沙 | 2005年5月12日 (木) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/4063887

この記事へのトラックバック一覧です: 青色LEDのイカ釣り船のいさり火が実用化へ:

« 次世代DVDの規格統一交渉、今週にも進展進展するかも? | トップページ | 環境に優しいガソリン »