« 2008年にカプセル型宇宙船でマウス6匹を打上へ | トップページ | 安易?な移住で沖縄県石垣島、人口急増中 »

2005年4月12日 (火)

産総研、「押す・引く・浮く」が体感できる装置をジャイロキューブを開発

 面白いですね。是非実際に体感してみたいです。
●関連記事
ジャイロキューブ:「引く、浮く」体感装置を開発 産総研(2005年4月11日 18時55分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
“押す”“引っ張る”も体感できる装置、産総研が開発(2005/04/12 16:17)(ITmediaニュース)
●関連URL
産業技術総合研究所
「押す・引っ張る・浮き上がる」を体感、バーチャルリアリティ分野における画期的な力覚感覚提示インターフェイスを開発(4月11日)(プレスリリース)
 -視覚障害者にも優しいモバイル・ユビキタス社会の実現に向けて-
ベンチャー開発戦略研究センター
福井幸男教授さんの紹介サイト(筑波大大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻)

|

« 2008年にカプセル型宇宙船でマウス6匹を打上へ | トップページ | 安易?な移住で沖縄県石垣島、人口急増中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3675354

この記事へのトラックバック一覧です: 産総研、「押す・引く・浮く」が体感できる装置をジャイロキューブを開発:

« 2008年にカプセル型宇宙船でマウス6匹を打上へ | トップページ | 安易?な移住で沖縄県石垣島、人口急増中 »