« 日本とEUの国際熱核融合実験炉の誘致合戦、7月までに政治決着? | トップページ | 実用化されている風力発電の色々 »

2005年4月12日 (火)

富士山測候所、使用料ゼロ円でも空き家状態

 維持管理費が年間一億以上になってしまうそうで。。
 日本一高い場所であるメリットは多大な物があると思いますが、費用が莫大なのは問題ですね。解体費用も億単位の経費がかかるので扱いに困っているようです。
 気象庁も適切な管理がされれば施設使用料は求めないとのことで、早く引き受け手が決まると良いですね。
●関連記事
富士山測候所:空き家状態続く 管理費ネックで名乗りなく(2005年4月12日 11時53分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題)
●関連URL
富士山高所科学研究会ホームページ

|

« 日本とEUの国際熱核融合実験炉の誘致合戦、7月までに政治決着? | トップページ | 実用化されている風力発電の色々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3674844

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山測候所、使用料ゼロ円でも空き家状態:

« 日本とEUの国際熱核融合実験炉の誘致合戦、7月までに政治決着? | トップページ | 実用化されている風力発電の色々 »