« nifty4月26日より各種の迷惑メール対策サービス | トップページ | 電気の檻に入った村、群馬県中之条町 »

2005年4月20日 (水)

財政難の和歌山太地町が苦肉の策、調教済みバンドウイルカを輸出へ

 イルカ愛護団体から早速、反対意見が出ているようで、、
 水質実験用のカクレクマノミを販売している例もあり、法律上で特別問題があることだとは思いませんが、結局の所「イルカ」だから駄目なんでょしょうね。

 イルカ愛護団体は輸出に反対するのなら、では、どうすればいいのか?の対案を提出すべきだと思います。ただ、イルカを捕るな、保護しろ、財政難?住民の生活?そんなのそっちの問題だ、というような我が儘な案しか出てこない気がしてしまうのですが、。。。
# 特定の動物を愛護するのは別に構わないけど、それを他者に押しつけるのは只のエゴにすぎないな。
●関連記事
「クジラの町」和歌山・太地町がイルカを輸出へ(2005年04月20日00時25分)(asahi.com社会)
●関連URL
和歌山県太地(たいじ)町
くじらの博物館

|

« nifty4月26日より各種の迷惑メール対策サービス | トップページ | 電気の檻に入った村、群馬県中之条町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3785237

この記事へのトラックバック一覧です: 財政難の和歌山太地町が苦肉の策、調教済みバンドウイルカを輸出へ:

« nifty4月26日より各種の迷惑メール対策サービス | トップページ | 電気の檻に入った村、群馬県中之条町 »