« 海王丸、横浜港の修繕ドック入り | トップページ | 調査捕鯨、捕獲数と対象数を拡大へ »

2005年4月12日 (火)

OutlookとOutlook Web Accessのメール機能に低レベルの脆弱性(Outlook Expressは対象外)

 受信メールのForm欄に複数のアドレスが書かれていても、最初の1件しか表示されないという問題が有るそうです。
 ただ、From欄は、発信者側で自由に設定でき、SPAMやウイルス付メールではFrom欄を改変するのはごく当たり前に行われているので、1件しか表示できないとしても、危険な脆弱性にはならないと思われます。
●関連記事
OutlookとOWAのメール機能に問題,メールの送信者名を1件しか表示しない(2005/04/11)(IT Pro ニュース)
OutlookとOWAにFrom欄偽装の脆弱性、SMTPサーバ側の対策をかいくぐる(2005/04/11 22:19)(ITmedia エンタープライズ)
「Outlook」にあるアドレス詐称の脆弱性は「Outlook Express」には存在しない(05/04/11 18:45)(Impress 窓の杜)
●関連URL
Microsoft Multiple E-Mail Client Address Spoofing Vulnerability(米iDEFENSE)

|

« 海王丸、横浜港の修繕ドック入り | トップページ | 調査捕鯨、捕獲数と対象数を拡大へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3674706

この記事へのトラックバック一覧です: OutlookとOutlook Web Accessのメール機能に低レベルの脆弱性(Outlook Expressは対象外):

« 海王丸、横浜港の修繕ドック入り | トップページ | 調査捕鯨、捕獲数と対象数を拡大へ »