« 生産情報公表の範囲を野菜にも拡大へ | トップページ | キングジム、点字と墨字を合わせて印刷できるラベルプリンター『テプラ PRO SD6700D』を発売 »

2005年4月13日 (水)

NASA、ハッブル宇宙望遠鏡のシャトルでの補修を再検討へ

 スペースシャトル打上再開に伴って、ハッブル宇宙望遠鏡の補修計画を再検討するべきと、グリフィン次期NASA長官が述べたとのこと。
 有人の宇宙遊泳による補修作業は難易度が非常に高いと思いますが、、
ハッブル宇宙望遠鏡の存続を求める声に答えた形になりますが、新しい宇宙望遠鏡を上げるのとどちらがコスト増でしょうか?
●関連記事
ハッブル宇宙望遠鏡の存続を検討 次期NASA長官(2005年04月13日10時15分)(asahi.comサイエンス)
●関連URL
NASA

|

« 生産情報公表の範囲を野菜にも拡大へ | トップページ | キングジム、点字と墨字を合わせて印刷できるラベルプリンター『テプラ PRO SD6700D』を発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3688800

この記事へのトラックバック一覧です: NASA、ハッブル宇宙望遠鏡のシャトルでの補修を再検討へ:

« 生産情報公表の範囲を野菜にも拡大へ | トップページ | キングジム、点字と墨字を合わせて印刷できるラベルプリンター『テプラ PRO SD6700D』を発売 »