« 内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)25日開設へ | トップページ | 富士通の高齢者向けWebブラウザに脆弱性 »

2005年4月22日 (金)

魚介類の自給率が6年ぶり上昇、しかし消費量は減少中

 豊漁と円高での輸入量の減少が合わさった結果とのことですが、しかし、魚介類の消費量は減少を続けていて、消費者の魚離れは解消されていないとのこと。
 
 うーん、私の場合、スーパーなどで購入する肉類は、魚介類が80%以上で、あと鳥、豚、と来て、羊やら牛となっていきます。
お魚、美味しいのになぁ、なんでみんな食べないのだろう?
●関連記事
魚介類の自給率、6年ぶり上昇 04年度水産白書(2005年04月22日12時36分)(asahi.com暮らし)
●関連URL
農林水産省
農林水産省白書等データベース 目次検索条件(書誌選択) 目次検索条件(年度指定)

|

« 内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)25日開設へ | トップページ | 富士通の高齢者向けWebブラウザに脆弱性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3813282

この記事へのトラックバック一覧です: 魚介類の自給率が6年ぶり上昇、しかし消費量は減少中:

« 内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)25日開設へ | トップページ | 富士通の高齢者向けWebブラウザに脆弱性 »