« 富士通、生体認証装置を小型低価格化へ | トップページ | マイワシとカタクチイワシが豊漁不良を交互に繰り返すのは海水温変化の為 »

2005年4月 5日 (火)

首都高川崎縦貫線、完成2.5km手前で予算ゼロ

 首都高速道路公団が先月末での事業評価で、多額の資金不足になっている事実を伏せた(隠匿した)ままにしていたというのが、、、
必要性が高いから、既に着工しているから、で予算が湯水のように追加されると勘違いしているのかもしれないなぁ(..;)

 見通しが甘いとの指摘が多いようですが、しっかりした見積もりを出すと高すぎて予算が通らなかったり、と、着工させるために意図的に甘く出さざる得ないという現状もあるようです。
間違っているとは思いますけど。
●関連記事
首都高川崎縦貫線、2・4キロ残して工事費が底をつく(2005/4/4/03:05)(YOMIURI ON-LINE / 社会)
●関連URL
高速川崎縦貫線 工事・交通規制情報のご案内(川縦連絡会)
首都高速道路公団

|

« 富士通、生体認証装置を小型低価格化へ | トップページ | マイワシとカタクチイワシが豊漁不良を交互に繰り返すのは海水温変化の為 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3567690

この記事へのトラックバック一覧です: 首都高川崎縦貫線、完成2.5km手前で予算ゼロ:

« 富士通、生体認証装置を小型低価格化へ | トップページ | マイワシとカタクチイワシが豊漁不良を交互に繰り返すのは海水温変化の為 »