« 沖ノ鳥島に海象観測用レーダー | トップページ | 暗黒星雲の分布を示す全天地図帳が作製される »

2005年3月28日 (月)

赤ちゃんの出産体重の減少傾向、妊娠中の酒・たばこ・ダイエットが原因

 「国立健康・栄養研究所」の分析によると、妊娠中の妊婦がお酒、たばこ、ダイエットなどの影響により、赤ちゃんの出産時の体重が減少傾向にあるそうです。未熟児や体重が軽い赤ん坊はそれだけ体が弱く、病気などの心配が高まります。

 個人的に、妊娠及び授乳期の母親が、酒やたばこ、(過剰な)ダイエットを行うとというのは、絶対やってはいけないことと教えられてきていたので、行ってしまう母親が居るという事態に驚いています。
●関連記事
妊娠中の酒・たばこは危険…赤ちゃん体重減に(2005/3/26/15:06)(YOMIURI ON-LINE / サイエンス)
●関連URL
独立行政法人 国立健康・栄養研究所

|

« 沖ノ鳥島に海象観測用レーダー | トップページ | 暗黒星雲の分布を示す全天地図帳が作製される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3475967

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんの出産体重の減少傾向、妊娠中の酒・たばこ・ダイエットが原因:

« 沖ノ鳥島に海象観測用レーダー | トップページ | 暗黒星雲の分布を示す全天地図帳が作製される »