« 神奈川県、残虐ゲームを有害図書指定へ | トップページ | 「ちびくろサンボ」復刊 »

2005年3月 3日 (木)

単独無着陸・無給油世界一周飛行へ「ヴァージンアトランティック・グローバルフライヤー」が挑戦

 2月28日(日本時間3月1日)にカンザス州サリナより飛び立ち、東回りに偏西風に乗って飛行中。
順調にいけば、3月3日(日本時間3月4日昼)にカンザス州サリナへ帰還するそうです。

 世界一周を行う最初の飛行機がジェット機だというのに驚いています、燃料などを考えると、太陽電池とプロペラを併用した高効率な飛行システムを用意して時間を掛けて飛ぶか、大陸間弾道弾のように大加速で一気に周回するのが現実的ではないかなぁと思っていました。

 ジェットエンジンと言うことですが、燃費がよい仕組みでも有るのでしょうか。
●関連記事
単独無寄港・無給油世界1周飛行めざし離陸 米冒険家(03/02 11:53)(asahi.com : 国際)
燃料失い世界一周微妙に 米冒険家フォセット氏(03/03 11:29)(Sankei Web 国際)
富豪冒険家、初の単独無着陸・無給油世界一周に挑戦中(2005年3月1日 4:27pm PT)(HOTWIRED JAPAN)
●関連URL
Atlantic Global Flyer : Home Pag(ヴァージン・アトランティック・グローバルフライヤーのHP)

|

« 神奈川県、残虐ゲームを有害図書指定へ | トップページ | 「ちびくろサンボ」復刊 »

コメント

こんにちは。TBさせて頂きます。

私も不勉強なのですが、ウィキペディアを見ると(ターボ)ジェットエンジンとターボファンエンジンというのは少し違うようです。
この飛行機の構造を見るとターボファンエンジン付き双胴グライダーでジェット気流に乗って飛ぶことによって燃費を稼いでいるようですね。
ただ速度は250ノットほどですから、それこそYS-11とさほど変わらないスピードと言えます。

投稿: Limit | 2005年3月 4日 (金) 12時36分

Limit さん、こんにちは。コメント,トラックバックありがとうございます。
コメントに反応遅れて申し訳ありません。

 こちらでも調べていますが、時間が取れなくてまとめられていません。
高燃費型のジェットエンジンというのも面白いですね。

投稿: 神子秋沙 | 2005年3月10日 (木) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3159658

この記事へのトラックバック一覧です: 単独無着陸・無給油世界一周飛行へ「ヴァージンアトランティック・グローバルフライヤー」が挑戦:

» Virgin Atlantic GlobalFlyer 無給油無着陸で世界一周に成功 [SEEDs]
昨日の記事の飛行機ですが、今朝4時50分無事に世界一周に成功し離陸した飛行場に帰着したようです。 おめでとうございます。 □無着陸・無給油で初、米冒険家が単発機 [続きを読む]

受信: 2005年3月 4日 (金) 12時13分

» 無着陸・無給油で初、単独世界一周飛行 達成 [備忘録]
 米国のスティーブ・フォセット氏(60)操縦の単発ジェット機「グローバル・フライヤー」号は、3日午後2時48分(日本時間4日 午前4時48分)、史上初の無着陸、... [続きを読む]

受信: 2005年3月 4日 (金) 22時50分

« 神奈川県、残虐ゲームを有害図書指定へ | トップページ | 「ちびくろサンボ」復刊 »