« 携帯ナビゲーションの本格的な実証実験、2005年04月より開始へ | トップページ | 人権擁護法案、今国会では見送りに »

2005年3月20日 (日)

「冬虫夏草」の大量栽培方法が開発された

 冬虫夏草というと昆虫に寄生して育つキノコですよね、人工栽培では杉を元にした培養地を利用するようですが、舞茸が大量生産されるようになったように一般的なキノコになるのでしょうか?ってスーパーに並ぶような類のキノコではないでしょうけど(^_^;
# 舞茸は人工栽培される前は、酷く高価なものだった・・様な記憶が。

 で、この栽培方法を開発した大賀 助教授の情報を調べていたら公式サイトが、凄い楽しそうな作りになっていますね。
●関連記事
希少な「冬虫夏草」大量生産へ 九大が栽培方法開発(03/19 17:43)(Sankei Web社会)
●関連URL
九州大学
キノコ博士のキノコミュージアム(大賀 祥治 おおが しょうじ助教授のサイト)
●関連blog
医薬 「冬虫夏草」栽培方法開発(March 20, 2005)(負け猫日記)

|

« 携帯ナビゲーションの本格的な実証実験、2005年04月より開始へ | トップページ | 人権擁護法案、今国会では見送りに »

コメント

TBありがとうございます。
これは良いものに目をつけた人工栽培だと思います。
本当に大量生産されるようになると、中華の素とか、レトルト製品にも入れるようになるかもしれませんね。

投稿: ノラネコM | 2005年3月21日 (月) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3365086

この記事へのトラックバック一覧です: 「冬虫夏草」の大量栽培方法が開発された:

« 携帯ナビゲーションの本格的な実証実験、2005年04月より開始へ | トップページ | 人権擁護法案、今国会では見送りに »