« 宇宙開発委部会、実用衛星は小型で短期開発を | トップページ | 自然界にも三浦折り »

2005年3月20日 (日)

厚生労働省の医療事故発生率調査で4割の病院が協力拒否、結局これが現在の日本の医療の実態?

 医師免許の更新制の検討が、反対意見で難航していたり、今回の医療事故の調査で半数近くが協力を拒否する現状では、医療安全に勤めるとか、インフォームドコンセプト行うとか、言ったところで何の説得力もなくなってしまいますね。
 ただ、医師(病院)が自分の保身に躍起になっているだけだと。。
●関連記事
厚労省の医療事故発生率調査、4割の病院が協力拒む(2005年03月17日23時13分)(asahi.com 暮らし)
●関連URL
厚生労働省ホームページ

|

« 宇宙開発委部会、実用衛星は小型で短期開発を | トップページ | 自然界にも三浦折り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3364304

この記事へのトラックバック一覧です: 厚生労働省の医療事故発生率調査で4割の病院が協力拒否、結局これが現在の日本の医療の実態?:

« 宇宙開発委部会、実用衛星は小型で短期開発を | トップページ | 自然界にも三浦折り »