« 土星の衛星エンケラドスに大気 | トップページ | 厚生労働省の医療事故発生率調査で4割の病院が協力拒否、結局これが現在の日本の医療の実態? »

2005年3月20日 (日)

宇宙開発委部会、実用衛星は小型で短期開発を

 大型衛星路線を止め、2トン以下で複数の目的を持たない中小型衛星を、数多く上げリスク分散させるという、方針が有ったもを決定したんで良いんですよね?
 大型衛星路線となった原因は、予算不足で他のプロジェクトと相乗りを行わないと開発が出来ないというお粗末な理由だったと思いますが、そこら辺も解消されると思って良いのかな。
●関連記事
実用衛星、開発期間5年内に短縮へ 宇宙開発委部会(2005年03月18日11時10分)(asahi.com社会)
記者の目:H2Aロケット成功 夢と現実、二兎を追え(2005年3月18日 0時57分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題)

|

« 土星の衛星エンケラドスに大気 | トップページ | 厚生労働省の医療事故発生率調査で4割の病院が協力拒否、結局これが現在の日本の医療の実態? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3364265

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙開発委部会、実用衛星は小型で短期開発を:

« 土星の衛星エンケラドスに大気 | トップページ | 厚生労働省の医療事故発生率調査で4割の病院が協力拒否、結局これが現在の日本の医療の実態? »