« ロシアのロケット、米「イラン不拡散法」の対象で日米宇宙飛行士が利用できなまなる可能性 | トップページ | コンピュータ・アソシエイツからコンシューマー向けのウイルス対策ソフト4/1発売に »

2005年3月24日 (木)

Firefox1.0.2日本語版リリース、危険な脆弱性を修正

 Firefoxに危険な脆弱性があり、修正されたバージョン1.0.2が公開されました。利用してるユーザはアップデートする事を強く奨めます。

 アップデートの方法は、(Windows版の場合)
 Firefoxの[ツール]、[オプション]、[詳細]の中の、[ソフトウェアの更新]の「今すぐ更新ボタン」で更新することが可能です。
 また、Mozilla Japanのサイトからインストールパッケージをダウンロードして上書きインストールしても良いでしょう。

 インストール後に「Firefoxスタートページをホームページに設定する」のチェックが付いたダイアグラムが出るので、ホームページを設定している人は忘れずにチェックを外しましょう。
また、ディスクトップにインストール実行ファイルが残っていたり、ソフトウェアの追加と削除で旧バージョンが残っていたり、ちょっと不完全(^_^;
●関連記事
モジラ財団、Firefoxのセキュリティパッチを公開(2005/03/24 11:08)(CNET Japan)
Firefox、脆弱性修正のアップデート公開(2005/03/24 08:42)(ITmedia エンタープライズ)
米Mozilla Foundation,「Firefox」用のセキュリティ・パッチを公開(2005/03/24)(nikkeibp ITPro)
「Firefox 1.0.2」日本語版を含む各国語版が公開~セキュリティ修正3件(2005/03/24 12:40)(Impress INTERNET Watch)

Firefox拡張の「Greasemonkey」が人気上昇中--セキュリティリスクも(2005/03/24 12:55)(CNET Japan)
「Firefox」の主要開発者が“拡張マネージャー”機能の仕様変更について言及(05/03/24 20:45)(Impress窓の杜)
 XPIファイルを特定フォルダへ置くだけでインストール可能に
●関連URL
Mozilla Japan
プレスリリース

|

« ロシアのロケット、米「イラン不拡散法」の対象で日米宇宙飛行士が利用できなまなる可能性 | トップページ | コンピュータ・アソシエイツからコンシューマー向けのウイルス対策ソフト4/1発売に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3422385

この記事へのトラックバック一覧です: Firefox1.0.2日本語版リリース、危険な脆弱性を修正:

» Firefox 1.0.2 [酒乱!net]
「Firefox 1.0.2」にアップデートした。 前回の1.0.1の時は三日ほ [続きを読む]

受信: 2005年3月25日 (金) 01時22分

» Mozilla [FC2N:Rain�]
*********************************************** この記事は、FC2ネットワーク内のトピックです。 この記事を読む場合には、FC2ネ ... [続きを読む]

受信: 2005年3月25日 (金) 09時23分

« ロシアのロケット、米「イラン不拡散法」の対象で日米宇宙飛行士が利用できなまなる可能性 | トップページ | コンピュータ・アソシエイツからコンシューマー向けのウイルス対策ソフト4/1発売に »