« ACCS、Winnyがセキュアだったら応援していた、って、どんなセキュアだったら応援していたのだろう | トップページ | 気象庁、ひまわり6号(MTSAT-1R)の最初の画像を公表 »

2005年3月24日 (木)

ATMの生体認証、ATM製造メーカー各社出そろう。

 ATMの主要メーカーは、沖、富士通、日立オムロンの3社なんだそうです。その中で沖が最後に生体認証に対応したATMを発表しました。
 現在、銀行の生体認証は指先認証と手のひら認証の2つに分かれてしまっているようですが、沖はその両方と更に虹彩(こうさい)に対応し、何処の銀行でも利用可能としたところが特長ですね。
●関連記事
ATMメーカー、セキュリティー機能競う(07:00)(NIKKEI NET:企業 ニュース)
手の静脈・虹彩…機能選んで ATM、生体認証駆使(2005年03月24日07時38分)(asahi.comビジネス)
●関連URL
セキュリティ機能を強化した金融機関向け新型ATM「ATM-BankIT」を発表(2005年3月23日)(沖電気工業 プレスリリース)
静脈認証トップ:サービス & 製品 > 手のひら静脈認証 - (富士通フロンテック)
製品 >> 窓口・専用端末 指静脈認証装置(日立オムロンターミナルソリューションズ)

|

« ACCS、Winnyがセキュアだったら応援していた、って、どんなセキュアだったら応援していたのだろう | トップページ | 気象庁、ひまわり6号(MTSAT-1R)の最初の画像を公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3422995

この記事へのトラックバック一覧です: ATMの生体認証、ATM製造メーカー各社出そろう。:

» 生体認証 [【生体認証の知識】]
生体認証生体認証(せいたいにんしょう)とは、バイオメトリクスとも呼ばれ、人間の体の一部生体器官の情報を用いて行う個人認証技術である。一般的には指紋が用いられる。電算機(コンピューター)等の利用時あるいはそれによる電子制御の出入口にあらかじめ登録された... [続きを読む]

受信: 2005年5月 6日 (金) 16時52分

« ACCS、Winnyがセキュアだったら応援していた、って、どんなセキュアだったら応援していたのだろう | トップページ | 気象庁、ひまわり6号(MTSAT-1R)の最初の画像を公表 »