« Firefox1.0.2日本語版リリース、危険な脆弱性を修正 | トップページ | ITmedia「Canon EOS Kiss Digital N」レビュー記事 »

2005年3月24日 (木)

コンピュータ・アソシエイツからコンシューマー向けのウイルス対策ソフト4/1発売に

 企業向けを中心に販売してきたコンピュータ・アソシエイツから、一般ユーザ向けの製品が発売されることになったとのこと。
販売の主力を一般向けにシフトする訳ではなく、大企業中心だった物を中小企業に対しても売り込みを行いやすいように知名度の向上としての宣伝目的が、今回一般向けを販売する主な理由のようです。
 アンチウイルス,アンチスパイウェアが4月1日よりダウンロード販売(パッケージは4月22日より)。その後、迷惑メール対策,ファイアウォールの投入を検討しているとのことです。

 個人的に、長くシマンテックのノートンシリーズを利用してきましたが、高機能化に伴い、要求スペックが上昇しPCとのバランスが悪くなり個人的に使いにくいと感じ始めていました。(高機能が高性能ではないと言うこと)
要求スペックが低いと言うことなので、今後の利用を検討したいと思いますが、既に必要台数分のライセンスを購入済みなので、ライセンスが切れる今年10月まで待ちですね。
●関連記事
CAがウイルス対策ソフトを初めてコンシューマ向けに出荷(2005/03/23 16:37)(CNET Japan)
●関連URL
コンピュータ・アソシエイツ(CA)-The Management Software Experts
CA、コンシューマ向けセキュリティ対策ソフトを日本で販売開始(2005/03/23)

●余談
 現在の自宅PC環境では、ルータ下のPC全てにNorton Internet Security(+ Antivirus)が入っています。しかし、ルータを介しているので、外部に公開しているサーバーには必要ですが、ネットワークを分割している他のPCにまで、NISが必要かは若干疑問ですし、NISはブラウジングのパフォーマンスがかなり落ちるんですよ・・。

|

« Firefox1.0.2日本語版リリース、危険な脆弱性を修正 | トップページ | ITmedia「Canon EOS Kiss Digital N」レビュー記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3422690

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ・アソシエイツからコンシューマー向けのウイルス対策ソフト4/1発売に:

« Firefox1.0.2日本語版リリース、危険な脆弱性を修正 | トップページ | ITmedia「Canon EOS Kiss Digital N」レビュー記事 »