« NT4.0に緊急の脆弱性、対応予定は有償サポートのみ? | トップページ | リニア鉄道、実用化にはコストダウンが必要、さらに5年実験継続 »

2005年3月12日 (土)

地下鉄サリン事件から10年に警視庁が改めて情報提供キャンペーン

 平成7年03月20日、朝。世界的にも例のない毒ガステロ事件が発生しました。
 間もなく10年、オーム真理教はアーレフと名を変え未だ存在。そして、主要犯の一部は未だ逃亡中。
警視庁は、潜伏中の高橋克也、菊地直子、平田信、3容疑者の目撃情報を求めるキャンペーンを始めました。
●関連記事
地下鉄サリン事件から10年 大型画面で「情報求む」(03/12 06:13)(asahi.com社会)
●関連URL
重要指名手配 平田信 高橋克也 菊地直子(警視庁)

|

« NT4.0に緊急の脆弱性、対応予定は有償サポートのみ? | トップページ | リニア鉄道、実用化にはコストダウンが必要、さらに5年実験継続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3267988

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄サリン事件から10年に警視庁が改めて情報提供キャンペーン:

« NT4.0に緊急の脆弱性、対応予定は有償サポートのみ? | トップページ | リニア鉄道、実用化にはコストダウンが必要、さらに5年実験継続 »