« 海底通信ケーブルを盗聴する潜水艦 | トップページ | FOMAのテレビ電話を悪用した「ワン切り」と「悪質メール」が発生中。 »

2005年2月21日 (月)

次世代の渋滞情報配信システム、官民合同開発へ

 高度道路交通システム(ITS)の一端として、乗用車やタクシーなどの業務車両より位置や速度情報を収集し渋滞情報を作成,配信するソフトウェアの開発を経済産業省が主導で行うとのことです。

この仕組みはたしか事故情報の収集,対応,配信を目的としていたものと記憶しています。また、天気情報の収集,配信も検討されています。

 2005年度中には実証実験を行い、2007年度には実用化を目指している、2005年02月に開発に関わるメーカの組合が設立されると言うことです、案外対応したカーナビの販売は近いようですね。

●関連記事
全道路の渋滞情報をカーナビに配信、官民でソフト(07:00)(NIKKEI NET:主要ニュース)
危険をカーナビが警告、ITS協議会が運転支援システム開発(2月21日)(NIKKEI NET:クルマ)
●関連URL
経済産業省

|

« 海底通信ケーブルを盗聴する潜水艦 | トップページ | FOMAのテレビ電話を悪用した「ワン切り」と「悪質メール」が発生中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3026610

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代の渋滞情報配信システム、官民合同開発へ:

» 全道路の渋滞情報配信 [モテる稼げるビジネスマンになれる!ニュースの読み方]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今号のニュース --------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2005年3月 2日 (水) 23時27分

« 海底通信ケーブルを盗聴する潜水艦 | トップページ | FOMAのテレビ電話を悪用した「ワン切り」と「悪質メール」が発生中。 »