« 廃線が決まったブルートレイン「あさかぜ」「さくら」それでも平日はガラガラ | トップページ | 東急,東武,小田急が定期券の値上げへ »

2005年2月15日 (火)

米ミサイル迎撃実験失敗

 14日、米国防総省のミサイル防衛局(MDA)は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)のミサイルでの迎撃実験にまた失敗したと発表しました。
これで3連続失敗。しかも今回の失敗は迎撃ミサイル自体の発射を行うことが出来なかったというお粗末な物。
 この失敗に対して、日本の防衛庁は、日本の対ミサイル防衛には影響ないとしています。

 まぁ、日本へ来るのは近距離ミサイルで関連する技術が違うと言えばそうですが、正直、難しさに関しては似たり寄ったりかと。
■2005/02/16(水)追記
 日本のミサイル防衛(MD)は、地対空誘導弾PAC2(パトリオット・ミサイル2)改良型を当面配備して、本来使用予定の2006年度末から配備の地上発射型PAC3(パトリオット・ミサイル3)、2007年度からの地上発射型PAC3までの一時しのぎとするようです。
効果は、、ほとんど期待できない、無いよりのはまして程度のようすね。。

 ちなみに、危険な国は北朝鮮だけではないです、中国やインドなど、長距離ミサイルを持つ国は多いですから。。
とくに中国は軍事力の拡大を急いでいますね。
●関連記事
防衛庁長官「米ミサイル実験失敗、日本に影響なし」(12:01)(NIKKEI NET:政治 ニュース)
米の失敗、日本配備のMDへの影響なし 細田長官(02/15 13:04)(asahi.com : 政治)
米、ミサイル迎撃実験にまた失敗 実戦配備に遅れも(02/15 11:36)(asahi.com : 国際)
ミサイル防衛、配備前は現有のパトリオット2で迎撃(2005/2/16/03:43)(YOMIURI ON-LINE / 政治)
ミサイル防衛、配備前は現有のパトリオット2で迎撃YOMIURI ON-LINE / 政治
中国の軍事力を警戒・次期米太平洋軍司令官(12:00)(NIKKEI NET:国際 ニュース)

|

« 廃線が決まったブルートレイン「あさかぜ」「さくら」それでも平日はガラガラ | トップページ | 東急,東武,小田急が定期券の値上げへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2943531

この記事へのトラックバック一覧です: 米ミサイル迎撃実験失敗:

» 米の迎撃実験、また失敗 ミサイル防衛さらに遅れ (共同 朝日新聞) [Watching]
米国防総省ミサイル防衛局は14日、米東部時間で同日未明に実施した地上配備型迎撃ミサイルの飛行実験に失敗したと発表した。地上発射の迎撃ミサイルによる実験の失敗は0... [続きを読む]

受信: 2005年2月16日 (水) 12時17分

« 廃線が決まったブルートレイン「あさかぜ」「さくら」それでも平日はガラガラ | トップページ | 東急,東武,小田急が定期券の値上げへ »