« JAF、二輪車ロードサービスを4月より開始 | トップページ | 中国版「ウルトラヒーロー」を現地制作 »

2005年2月 3日 (木)

バッテリー駆動も出来るハイブリッド電車

 蓄電し、架線による電気の供給が無くても動く様にしたということですか。蓄電方法は架線からの電気以外にブレーキ時の回生電流も利用出来るそうです。
 通常の電車にも使えるかもしれませんね、加速時の電力補助とか、電力停止時の緊急時の徐行や空調の供給とか。

 あー、以前から探しているのだけど、道路と線路を両方走れる車両のソースが見つからない。(..;)
JR北海道で良かったんだっけ?鉄道総研に有るかな?
■2005/02/04追記
 JR北海道で見つけたー。デュアル・モード・ビークル(DMV)です。
電車と路面電車、路線バスの良いところを良いところ取りできるかな?いかにも日本的でいいかも。
更にハイブリッドとか。
●関連記事
架線あってもなくても電車ゴー ハイブリッド電車開発(02/03 10:26)(asahi.com : 社会)
●関連URL
鉄道総研ホームページ(鉄道総合技術研究所)
●関連記事
行きはレールで帰りは道路…デュアルモード・ビークルの試験開始(2004年7月8日)(Response.)
●関連URL
JR北海道- Hokkaido Railway Company
「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の営業線区における冬期走行試験を実施します(2004.11.16)(PDF/8KB)
世界初の新技術「デュアル・モード・ビークル」の開発に成功!(2004.01.28)(PDF/300KB)

|

« JAF、二輪車ロードサービスを4月より開始 | トップページ | 中国版「ウルトラヒーロー」を現地制作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2797625

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー駆動も出来るハイブリッド電車:

» DMVの可能性 [Jariaの玉手箱]
関連: Simplex's Memo:DMVはローカル線の救世主になるのか? DMVといえば、道路も走れる鉄道車両としてJR北海道が開発を進めているものですが... [続きを読む]

受信: 2005年2月18日 (金) 15時52分

« JAF、二輪車ロードサービスを4月より開始 | トップページ | 中国版「ウルトラヒーロー」を現地制作 »