« フリーのPCの安全性を測定ツール、PC Security Test 2005 | トップページ | 800MHz帯周波数、再配分は既存2社の方向へ »

2005年2月 5日 (土)

NOxとPMの同時除去「電気化学セラミックリアクター」の製造技術開発:産業技術総合研究所

 実用化はまだ先のようですが、ディーゼル車の弱点が解消されれば、ガソリン車よりも優位に成るかもしれませんね。
某東京都知事も、頭ごなしに「ディーゼル=悪」の論法を辞めて、「正しい対策を行わない=悪」に転換して欲しい物です。
●関連記事
NOx触媒とDPFをひとつにまとめる…産総研が開発(2005年2月3日)(Response.)
●関連URL
産業技術総合研究所
電気化学セラミックリアクターを用いNOxとPMの同時除去に成功(2月3日)

|

« フリーのPCの安全性を測定ツール、PC Security Test 2005 | トップページ | 800MHz帯周波数、再配分は既存2社の方向へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2812152

この記事へのトラックバック一覧です: NOxとPMの同時除去「電気化学セラミックリアクター」の製造技術開発:産業技術総合研究所:

» DAY145 電気化学セラミックリアクター [PEUGEOT 307 HDi]
以前NOxを電気化学的に分解する産業技術総合研究所の発表をご紹介しました。 今日はその産業技術総合研究所から、NOxとPMを同時除去する電気化学セラミックリアク... [続きを読む]

受信: 2005年2月 5日 (土) 14時36分

« フリーのPCの安全性を測定ツール、PC Security Test 2005 | トップページ | 800MHz帯周波数、再配分は既存2社の方向へ »