« 東京都、沖ノ鳥島に温度差発電所建築計画!? | トップページ | 国立天文台が宇宙探査ソフトを2月1日正午より公開 »

2005年2月 1日 (火)

NEDOがロボットの安全運用基準(愛地球博 向け)を発表

 NEDO技術開発機構(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、「愛知万博のロボット安全性ガイドライン調査専門委員会」を検討し公開したとのことです。
 この安全基準は愛地球博で出品される他のメーカのロボットには適用されず、また、今後の実用化されるロボットの安全基準の元?に成るかは不明です。

 今後、ロボットが一般社会に出るまでに、それに合う安全基準が必要になるでしょう。いまは試行錯誤の時期なのでしょう。
●関連記事
NEDO、愛・地球博におけるロボットの安全基準を公開(2005年2月1日)(Impress PC Watch)
●関連URL
NEDO
2005年日本国際博覧会

|

« 東京都、沖ノ鳥島に温度差発電所建築計画!? | トップページ | 国立天文台が宇宙探査ソフトを2月1日正午より公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2766302

この記事へのトラックバック一覧です: NEDOがロボットの安全運用基準(愛地球博 向け)を発表:

« 東京都、沖ノ鳥島に温度差発電所建築計画!? | トップページ | 国立天文台が宇宙探査ソフトを2月1日正午より公開 »