« MS Mediaplayer10のマイナー更新版提供開始 | トップページ | Solaris 10 »

2005年2月17日 (木)

Lenovo ThinkPadはThinkPadで在り続けられ・・ないだろうなぁ

 記事を読んで、ThinkPadの未来について絶望こそすれ、期待感は全くないです。
 ThinkPadがThinkPadである要因は、やっぱり高品質な製品にサポート、そして研究開発、それらの実績からくるメーカへの信頼性で成り立っていると思います。
 LenovoがIBMと同じ信頼を持ちうるかどうかと言うと、何年か先に実績を積んで初めて得られる物で、少なくてもここ数年のLenovoに信頼なんてあるはずがないです。

 と、いうわけで、LenovoへIBMのPC部門の売却が正式に決まったら、直ぐにIBMへユーザ登録の抹消依頼が出来るように準備しています。。ハァ。

 東芝辺りがビジネス用途向けのDyanaBookを作ってくれないかなぁ?
●関連記事
ThinkPadは中国メーカー製でもThinkPadか(2005/02/16 21:59)(ITmediaニュース)
なにかと話題の「Lenovo」PCを中国で買ってみた(2005/02/16 17:29)(ITmedia PCUPdate)
特集:「IBM、PC事業売却」の波紋(ITmedia)

|

« MS Mediaplayer10のマイナー更新版提供開始 | トップページ | Solaris 10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2974016

この記事へのトラックバック一覧です: Lenovo ThinkPadはThinkPadで在り続けられ・・ないだろうなぁ:

« MS Mediaplayer10のマイナー更新版提供開始 | トップページ | Solaris 10 »