« 初期の虫歯治療、塗るだけで完了 | トップページ | 「ときメモ」新作はMMOでオンラインゲーム »

2005年2月24日 (木)

ブログ向けJavaScriptでスパイウェアの混入の危険性

 これは、ブログの人気に乗っかったものですが、ブログに限った話ではないですね。それに脆弱性と言っていいのか非常に疑問です、詐欺か詐称ではないでしょうか。

 Web(ブログ)サイトに悪意のあるJavaScriptが有るとき、そのJavaScript(とActiveX)を利用して、セキュリティ設定が最高になっていないIEで閲覧しているユーザのPCにスパイウエアを送り込まれてしまう可能性があるという物です。
 ただ、通常この悪意のあるJavaScriptはWeb(ブログ)サイトの開設者が意図的に組み込む必要があります、開設者が気を付ければ回避できる問題です。
JavaScriptを読む技能がないのでしたら、ISPにこのJavaScriptは安全か問い合わせてみるのも良いと思います。
安易にネット上で配布されているJavaScriptを組み込んだりしないよう注意しましょう。

P.S.
 秋沙のココログ既知ログと絵記ログでは、JavaScriptは使用していません。秋沙の巣では、「最新ウイルス警告」を表示するために利用しています。
●関連記事
ブログがやばい--スパイウェアの配布に悪用される脆弱性あり(2005/02/24 12:43)(CNET Japan)

|

« 初期の虫歯治療、塗るだけで完了 | トップページ | 「ときメモ」新作はMMOでオンラインゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/3063111

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ向けJavaScriptでスパイウェアの混入の危険性:

« 初期の虫歯治療、塗るだけで完了 | トップページ | 「ときメモ」新作はMMOでオンラインゲーム »