« 月刊WindowsUppdate2月号、予告 | トップページ | インフルエンザ遅い流行が始まる。 »

2005年2月 5日 (土)

外部メディアはHDDの容量に追いつくか?HVD推進団体設立

 「ホログラフィック・バーサタイル・ディスク(HVD)」は、記憶容量1テラバイト以上・転送速度毎秒1ギガビット以上が実現出来るという事で、記録メディアがHDDの容量に追いつける可能性が出てきましたね。
 同様な方法を利用したメディアというと、NTTの小型記録メディア「Info-MICA」が有りますが実用化はどうなったのでしょうか?可動部のない光学メディアとして期待して居るんですけど。
●関連記事
記憶容量1テラバイト以上・転送速度毎秒1ギガビット以上の「ホログラフィック・バーサタイル・ディスク(HVD)」の標準化と商品化で6社が提携、「HVDアライアンス」を設立(2月3日18時41分)(livedoor コンピュータ)
NTT、切手大の1GBプラスチック媒体「Info-MICA」を開発(2004年2月12日)(Impress AV Watch)
 -1枚200~300円。音楽・映像の記録メディアとしても展開
●関連URL
OPTWARE
プレスリリース
NTTのホームページ
ニュースリリース
Info-MICA

|

« 月刊WindowsUppdate2月号、予告 | トップページ | インフルエンザ遅い流行が始まる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2812178

この記事へのトラックバック一覧です: 外部メディアはHDDの容量に追いつくか?HVD推進団体設立:

« 月刊WindowsUppdate2月号、予告 | トップページ | インフルエンザ遅い流行が始まる。 »