« しながわ水族館にアザラシ館を建設へ | トップページ | 地球深部探査船が報道に公開 »

2005年2月13日 (日)

FRP船をセメント原料に処理

 全国の河川で不法係留しさらにそのまま放置された船が問題になっています。原因として所有者のモラルが無いことが一番なのですが、一隻当たりの廃船にする費用が2,30万円掛るもの問題となっています。
# ・・・やっぱりモラルだよな、係留費も廃船にする費用を考慮に入れずに購入して利用するんだから。

 敗戦の処理を埋め立てから、セメントの材料とすることで、処理費用を低く抑えよう言うもので、2005年4月より事業として始めるようですね。

 この処理費用、車のリサイクル法と同じで、船自体の販売額に上乗せされる方向で検討されているようです。
●関連記事
放置のFRP船、セメント原料に 国交省など新年度から(02/13 09:06)(asahi.com経済)
●関連URL
国土交通省
日本舟艇工業会 | 公式ホームページ

|

« しながわ水族館にアザラシ館を建設へ | トップページ | 地球深部探査船が報道に公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2907387

この記事へのトラックバック一覧です: FRP船をセメント原料に処理:

« しながわ水族館にアザラシ館を建設へ | トップページ | 地球深部探査船が報道に公開 »