« 特定外来生物、指定の第1陣候補リストを発表 | トップページ | Yahoo!翻訳オープン、英・中・韓-日本語の双方向翻訳 »

2005年1月31日 (月)

伊藤忠と米タイム・ワーナー、日本アニメを共同制作

 伊藤忠商事とターナー・ブロードキャスティング・システムが日本のアニメの共同制作を行い日米同時放送を行うとのことです。詳しいところは未だこれからのようですが、注目する部分として。

1話(1週間)当たりの制作費は2000万円程度と従来に比べて2―5割高めに見込んでおり、アニメーターを増やすなどして高品質の作品づくりを進める。

と、アメリカ展開が最初から視野に入っている御陰かもしれませんが、制作費が切りつめられて低価格粗雑乱造の傾向に対して、一石を投じてくれることを期待しています。
●関連記事
伊藤忠と米タイム・ワーナー系、日本アニメを共同制作(1月31日)(ITビジネス:ニュース)

|

« 特定外来生物、指定の第1陣候補リストを発表 | トップページ | Yahoo!翻訳オープン、英・中・韓-日本語の双方向翻訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2762079

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤忠と米タイム・ワーナー、日本アニメを共同制作:

« 特定外来生物、指定の第1陣候補リストを発表 | トップページ | Yahoo!翻訳オープン、英・中・韓-日本語の双方向翻訳 »