« 製造現場の技術の継承へ、経済産業省が大学研究期間へ後押し | トップページ | Windows最新パッチで修正されていない脆弱性 »

2005年1月25日 (火)

千葉でニホンザルとアカゲザルの雑種が確認される、原種保存に危機

 一度広がってしまえば、駆除は非常に困難になってしまいますね。
 アカゲザルとニホンザルの交雑は各地で問題になっている様です。この、アカゲザルも特定外来生物に指定される予定との事です。

 ミツバチとクワガタとか、外国から輸入した動植物が安易に野に放たれている日本では他にも深刻な種の絶滅の危機が来ているかもしれません。
●関連記事
ニホンザルとアカゲザルの交雑確認、拡大懸念 房総半島(01/25 15:27)(asahi.com : サイエンス)

|

« 製造現場の技術の継承へ、経済産業省が大学研究期間へ後押し | トップページ | Windows最新パッチで修正されていない脆弱性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2692968

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉でニホンザルとアカゲザルの雑種が確認される、原種保存に危機:

» ニホンザルはやがてトキと同じ道を歩む。 [愛と妄想の日々。]
ニュースは敢えてアサヒ・コムにリンクしてみた。 「北限のサル」駆除開始 ニホンザルとアカゲザルの交雑確認 以前この「愛と妄想の日々。」の砥部動物園... [続きを読む]

受信: 2005年1月25日 (火) 21時38分

« 製造現場の技術の継承へ、経済産業省が大学研究期間へ後押し | トップページ | Windows最新パッチで修正されていない脆弱性 »