« 茨城県健康科学センターが死亡率予測ソフトを2月下旬にも無償公開予定 ただし40歳以上限定 | トップページ | 千葉でニホンザルとアカゲザルの雑種が確認される、原種保存に危機 »

2005年1月25日 (火)

製造現場の技術の継承へ、経済産業省が大学研究期間へ後押し

 企業のベテラン技術者と、大学や研究所の間を橋渡しし、技術者の育成に繋げようという試みが2005年04月から進められるとの事。

 中小企業で技術者の育成まで手が回らず、技術が失われるのを防ごうという物ですが、これも遅すぎる。という印象があります。中小企業から技術が失われていく事に関する危機感は何年も前から言われていた事ですのに。。やらないよりはマシなので進めて貰いたいですけど。

 また、退職後の人生設計が作れなく仕事をし続ける事を希望する人が多いというのも又問題かも、生涯現役、もいいですが、第二の人生も良いじゃないですか、リタイアは否定的な言葉じゃないです。。。。と思いたい....orz
●関連記事
技術者育成、国が後押し 車部品や半導体などで講座(01/25 10:09)(asahi.com : 経済)
「60代も現役希望」は日本だけ 15カ国・地域調査(01/25 10:09)(asahi.com : 経済)

|

« 茨城県健康科学センターが死亡率予測ソフトを2月下旬にも無償公開予定 ただし40歳以上限定 | トップページ | 千葉でニホンザルとアカゲザルの雑種が確認される、原種保存に危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2692955

この記事へのトラックバック一覧です: 製造現場の技術の継承へ、経済産業省が大学研究期間へ後押し:

« 茨城県健康科学センターが死亡率予測ソフトを2月下旬にも無償公開予定 ただし40歳以上限定 | トップページ | 千葉でニホンザルとアカゲザルの雑種が確認される、原種保存に危機 »