« 魚の脳にも左右で機能差を確認:理化学研 | トップページ | 無線LAN、偽の基地局の脅威を英研究者が警告 »

2005年1月24日 (月)

厚生労働省、脱法ドラッグ法規制強化へ

 成分として、麻薬や医薬品成分と分類されていない成分の為に規制されていない類似成分んが含まれる薬についても対象とし更に罰則も強化する方向で検討会を作成し2006年に法改正を目指してた活動するそうです。

 ずいぶん前から問題になっているのに今頃?という感じが強いです。もっと手早く動けない物でしょうか。。
 現状、麻薬として規定されていないだけで、効果は麻薬と同じもちろん副作用や常用性等も、「麻薬止めますか?それとも人間止めます?」の世界なので、一度でも関わらない様にする方が身の為です。
●関連記事
脱法ドラッグ法規制へ 類似成分、広く禁止(01/24 08:21)(asahi.com : 社会)
()()
●関連URL
厚生労働省

|

« 魚の脳にも左右で機能差を確認:理化学研 | トップページ | 無線LAN、偽の基地局の脅威を英研究者が警告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2682374

この記事へのトラックバック一覧です: 厚生労働省、脱法ドラッグ法規制強化へ:

« 魚の脳にも左右で機能差を確認:理化学研 | トップページ | 無線LAN、偽の基地局の脅威を英研究者が警告 »