« スマトラ沖大地震の地球への影響 | トップページ | 青色LED訴訟が和解 »

2005年1月13日 (木)

偽札制作ソフトが流通?

 ずっと気になっていた事ですが、この記事で疑問は氷塊しました。
スキャナーで紙幣の画像データを取り込んで同寸で印刷すれば出来上がり、と、そんなに単純には出来ないだろうと思っていましたし、容疑者にそれだけの技術が有るとは思っていなかったので。

 ただ、以前から各所で言われている、犯罪者集団が技術者に対して専用ツールの作成を依頼する、IT不況とかで仕事のないプログラマが、報酬の良い黒仕事に手を染めてしまうという話の信用度を上げる事件ではないかと。。。
●関連記事
奈良で偽札使用容疑の男、「偽造専用ソフト」を利用(2005/1/11/03:03)(YOMIURI ON-LINE 社会)

|

« スマトラ沖大地震の地球への影響 | トップページ | 青色LED訴訟が和解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2557424

この記事へのトラックバック一覧です: 偽札制作ソフトが流通?:

» 今度は先生が偽札を使用する。 [NewsToday-8]
偽新千円札使った高校教諭を逮捕 偽札は白黒コピー、裏側は真っ白  秋田県大館市のホテル駐車場で偽の新千円札を使ったとして、偽造通貨行使の 現行犯で、同県小坂町... [続きを読む]

受信: 2005年2月 3日 (木) 22時35分

» [速報]  今度は偽造500円硬貨! しかも大量。 [NewsToday-3]
財務省は3日、分、熊本、東京の3都県で偽造の疑いがある新500円硬貨が 計5583枚見つかったと発表した。これらの硬貨を含め計1万5565枚が郵便局の 複数の特... [続きを読む]

受信: 2005年2月 4日 (金) 02時34分

« スマトラ沖大地震の地球への影響 | トップページ | 青色LED訴訟が和解 »