« NHK問題、対応の遅れが政治介入の最悪な方向に | トップページ | JR東海 JR北海道が研究開発中の電車バスの導入を検討中? »

2005年1月13日 (木)

性犯罪者データベース是非とも重犯罪者も

 性犯罪だけでなく、再犯性の高い犯罪、悪質な犯罪を行った犯罪者に関しては、一生涯監視下に置いてしまっても良いとさえ思っています。やや極端ですが。
(政治家の贈収賄も再犯性が高いですね・・爆笑)
 ただ、多くの人が指摘してるように、いきなり情報を一般公開しても、日本では監視して共に生活なんてリスク管理をしたりせず拒絶し排除する行動しかでないとおもいます。

 私の以前からの考えですが、被害者の人権が確保されるまでは加害者の人権の重要度は下げるべきです。それでこそ人権重視だと思いますので。
以前あったバスハイジャック事件のように犯人の人権を重視する余り、怪我をしていた人質が手遅れで亡くなってしまうなんてばかげた事態は繰り返して貰いたくないです。
●関連記事
性犯罪者:出所後の住居情報、警察は把握必要 小泉首相(2005年1月11日 12時53分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
性犯罪前歴者の居住地把握、「必要」と首相(2005/1/11/20:42)(YOMIURI ON-LINE 政治)
首相、被害者の人権重視で(01/11 01:11)(NIKKEI NET 政治)

|

« NHK問題、対応の遅れが政治介入の最悪な方向に | トップページ | JR東海 JR北海道が研究開発中の電車バスの導入を検討中? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2557364

この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪者データベース是非とも重犯罪者も:

« NHK問題、対応の遅れが政治介入の最悪な方向に | トップページ | JR東海 JR北海道が研究開発中の電車バスの導入を検討中? »