« Windows最新パッチで修正されていない脆弱性 | トップページ | Solarisオープンソース化 »

2005年1月25日 (火)

IBM PC事業の聯想(レノボ)への売却に米国家安全保障問題の懸念

 PC事業その物に危険性は少ないと思いますが、IBMのPCは軍事宇宙産業でも使われていますし、そういう安全保障や機密に関わる所の情報がサポートとか納入の経路からの流出を懸念しているのかも。
●関連記事
IBMによるレノボへのPC事業売却、米の国家安全保障問題に発展か(2005/01/25 12:56)(CNET Japan)
IBMパソコン事業の売却、米政府が安全保障上の懸念(2005/1/25/11:06)(YOMIURI ON-LINE / 経済)
IBM-Lenovoの取引に「スパイの懸念」?(2005/01/25 10:46)(ITmedia エンタープライズ)

|

« Windows最新パッチで修正されていない脆弱性 | トップページ | Solarisオープンソース化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2695321

この記事へのトラックバック一覧です: IBM PC事業の聯想(レノボ)への売却に米国家安全保障問題の懸念:

« Windows最新パッチで修正されていない脆弱性 | トップページ | Solarisオープンソース化 »