« 原子力の世界はドロドロ? | トップページ | 養殖、畜養と環境汚染 »

2004年12月12日 (日)

スペースシャトル打上再開へ作業順調

 最初の打上再開となるディスカバリーへの主エンジンの取付け作業が完了したとのことです。
 また、原始の太陽系と同じではないかと見られるドーナツ状の円盤の写真を公開しました。この写真は、今後の運用が懸念されているハッブル宇宙望遠鏡で撮影されています。

 ヤング宇宙飛行士、2004年一杯でNASAを退職し引退するとのこと、ご苦労様です。
●関連記事
スペースシャトルにエンジン取り付け 再開へ準備着々(12/11 13:23)(asahi.comサイエンス)
太陽系も昔はこうだった? 惑星を生む円盤の画像公開(12/10 12:02)(Sankei Web サイエンス)
NASA:恒星取り巻くドーナツ状の円盤 写真を公開(2004年12月10日 12時01分)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 科学)
月まで2回往復の米ヤング飛行士が引退へ(12/08 13:26)(asahi.com サイエンス)
●関連URL
Return to Flight(NASA)(英語)

|

« 原子力の世界はドロドロ? | トップページ | 養殖、畜養と環境汚染 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2246839

この記事へのトラックバック一覧です: スペースシャトル打上再開へ作業順調:

« 原子力の世界はドロドロ? | トップページ | 養殖、畜養と環境汚染 »